[ビアンの出会い]大学生ビアンカップル

彼女と出会ったのはとある出会いサイトでした。
出会いサイトなんて嘘ばっかり!と思っていたのにそれは思い込みだとはっきりわからされました。
出会ったのは大学に入って一人暮らしして半年くらい経った頃。

私は大学で出来た友人が合コンとかに誘ってくるのが正直嫌でした。
男性は本当に嫌だったんで・・・
そんな時に出会いたいなと思ってふとしたきっかけでこのサイトに登録したのが始まりでした。

GIRLS×GIRLS

登録してすぐ何通かメールは来たけれどちょっと深い質問をしたらすぐニセモノだってわかりました。
でもどうしてもその中で一人だけ気になる人がいて、写真も会ってわりと住まいも近くて大学も同じと聞いたのでそこまで言うなら会えるのかなと思って試しに大学の出口で会おうと約束したんです。

そしたら彼女が声をかけてきました。
彼女はちょっと背が低いけれどすらっとして美人でした。写真よりもカワイイ感じ。

「はじめまして」

「あ、はじめまして。同じ大学だったなんて嬉しいな」

年齢は同じだったようですぐ仲良くなれました。
両思いに発展するまでさほど時間はいらなかったです。

よく彼女の家に遊びに行っては、お泊りしてるんですがなかなかHには進展しませんでした。
Hは無くても私は満足するタイプだったんですけどやっぱり愛されてるのかどうかってちょっと気になるじゃないですか?

だからある日思い切って聞いてみたんです。

「私とエッチなことしたい?」

すると意外な答えが帰ってきました。

「・・・めちゃくちゃしたい」

じゃあなんでしないの?って言うと少し沈黙があったあとに

「ごめんなさい。実は・・・」

といきなり真面目な顔で話をしてくれました。
実家で父親の暴力で母親が亡くなったこと、そして父親は自分の娘を犯そうとしたこと、耐え切れず一人暮らしを初めて今に至るということで、途中から彼女の目は涙でいっぱいでした。父親に受けた小さいころのタバコのやけどや傷がまだあちこちにあるらしく、見せたら嫌われると思っていたらしい。
確かにそういえば彼女の素肌は今まで一度もみたことがありませんでした。
夏でもちょっと長袖で、日焼けを気にしてるとばかり思ってました。

「そんなこと・・・ないよ」

私も実際父親が原因でビアンになったということもあって彼女の気持ちがよくわかりました。

私は彼女を受け入れてあげました。
初めて見る彼女の素肌は確かに背中の部分の擦り傷、切り傷、やけどなどが激しく痛々しかったです。
この夜初めて彼女を裸で抱きました。ただ何もせずずっと抱きしめてあげました。
まだこれからすぐ彼女の気持ちの整理が付くとは思えないですけれど何とか力になってあげたい。そう思った秋の夜でした。